• いまここをいきいきと生きる

今年の鏡開き式では、毎年恒例の揮毫が冷暖自知とありました。
禅の言葉で、”氷でも水でも、本当に冷たいか熱いかは手を入れてみないと分からない。
つまり、何でも自分が経験してみないと、本当の熱さや冷たさは実感できない”と言う意味だそうです。
何事も自ら実践の一年にしてきましょう。